MENU

家庭用脱毛器の失敗しない賢い選び方!

 

使う用途によってもいろんな脱毛器の選び方があると思います。全身脱毛するのか、部分的な脱毛でいいのか、カートリッジの種類はどんなものがあるのか、返金保証がついているのかなど選ぶ基準を見つけて探してみましょう。

 

まずフラッシュ脱毛とレーザー脱毛があるのでどちらがいいかを選択しましょう。

 

フラッシュ脱毛は広範囲を一気に処理したい、短時間で終わらせたいという方に向いています。とはいっても安価なものになると照射範囲が小さくて思ったより時間がかかるので、金額だけではなく、詳しい性能や口コミなどきちんと確認するのが大事です。美顔用カートリッジがあれば今流行のフォトフェイシャルもできます。毛穴が小さくなったり、美白効果なども同時にできるので大変便利です。化粧ノリもよくなるので自宅でケアできるのであればとても嬉しいところ。

 

脱毛器によってはワキや腕、足などだけのように照射範囲が案外狭いもの、永久脱毛効果がないものももちろんあります。フラッシュは強い光を出しますので直接目で見ないようにサングラスの着用を忘れないようにしましょう。

 

レーザー脱毛の場合はピンポイントで狭い範囲を照射することができます。濃いむだ毛やヒゲで悩んでいる男性にも人気があります。ただし本体が思ったよりも重く、長時間の使用が難しいといった弱点があります。

 

とはいってもクリニックでレーザー脱毛をするとびっくりするほど金額がかかります。脇の下だけでも約10万円、ひざ上・下が各30万円などよほどお金の余裕がないと厳しい費用と言えます。

 

家庭用レーザー脱毛器であれば6万円程度で全身使用が可能です。しかしパワーが強いこともあって人によって痛みを感じることがあります。麻酔クリームを個人輸入で買って使用する人もいますが、あくまでも自己責任となりますのでかぶれなどが少し心配です。

 

もしも強い痛みや火傷を感じるようであれば皮膚科に相談するのが一番いいですね。肌が極端に弱い方にはレーザー脱毛は正直あまりおすすめできないかなと思います。

関連ページ

やけど、シミにならない?
家庭用脱毛器の安全性について解説しています。
家庭用と脱毛サロン、効果の違いは?
家庭用脱毛器と脱毛エステサロンでの脱毛効果の違いとは?
脇の黒ずみが悪化する?
脇の黒ずみが気になる方必見!家庭用脱毛器を使うと黒ずみが悪化するってホント?
騒音?音の大きさ
家庭用脱毛器の音の大きさについて解説していきます。
脱毛に必要な期間は?
どのくらいで終わる?脱毛が完了するまでに必要な期間を部位ごとに解説!
皮膚ガンのリスクって本当?
家庭用脱毛器を使用し続けると皮膚がんになる?ネット上のネガティブな噂、都市伝説を調査
タイプ別3種類の特徴!
家庭用脱毛器をタイプ別に解説!それぞれの特性や脱毛方式を知っておこう!
生理中でも使えるの?
家庭用脱毛器はホルモンバランスの乱れやすい生理中でも使えるのか?
授乳中の使用、赤ちゃんに影響は?
家庭用脱毛器は授乳中に使用しても問題ないか?赤ちゃんへの悪影響が心配な方へ
このページの先頭へ