MENU

家庭用脱毛器を使うと皮膚がんリスクが高まるって本当!?

 

家庭用脱毛器を使うと皮膚がんになる・・・そんな噂を聞いたことはないでしょうか?でも、ネット上には都市伝説なような根も葉もない噂話が蔓延しています。果たしてこの真相とは?

 

家庭用脱毛が皮膚ガンの原因になるってホント?

私なりに調べてみたところ、結論から言うとこの噂は間違いのようです。

 

基本的には皮膚がんの原因となるのは紫外線UV-A、B、Cです。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で使うのは赤外線に近いものなので光の種類が違うため、皮膚がんリスクを考える必要はないと思います。

 

正確にいうと遠赤外線と呼ばれるもので家電製品にも良く使われています。細胞を特に傷つけることはなく、優しく温めてくれるものです。脱毛器を使用すると温かいと感じるのはこの遠赤外線の働きです。

 

じゃあ100%安全と言えるの?

とはいっても照射してはいけない部分もあります。ほくろや色の濃いシミには照射してはいけないことになっているので、通常は白いシールを貼ったりして隠します。(私はトリアで何度かやってしまいましたがかなり痛いです・・)

 

サロンではこういった配慮があるのでまず安心ですけどね。自宅で行う際は自分でほくろなどに照射しないように気を付けて行えば問題ありません。もしも心配であれば照射レベルを下げて回数を増やせばOKです。

 

ホクロやシミには照射しない

家庭用脱毛器で一番多いトラブルは皮膚がんではなく、照射レベルを上げすぎて起こるやけどです。肌の冷却とスキンケアをきちんとしていれば問題なくできるはずなのですが、例えば、テレビを見ながらなどのながら操作で間違えてホクロや照射してはいけないデリケートな部分に当ててしまった、なんてことはあるあるですね。

 

ホクロにうっかり当ててしまうとやけどの原因になるので注意が必要です。照射したあとはしっかりと乳液やクリームで保湿を行い、それでも乾燥がひどいよう
であれば照射レベルを下げるかしばらく使用を控える必要があります。

 

家庭用脱毛器と言っても、ケノンなどフラッシュ脱毛であれば医療レーザーで使用しているものに比べると照射パワーが落ちますので、よほど使い方を間違えない限り心配は無用です。ただ、ホントはフラッシュの方が肌には良くないんですけどね!(ケノンとトリア比較参照)

 

照射後のアフターケアも大切に!

照射後は日焼けをしないように注意することが大事です。特に夏はうっかりして日焼けしてしまう事が考えられます。日焼け止めだけでなく、帽子や日傘、
長袖を着るなどなるべく日に当たらないように注意することでうっかりやけどを防ぐことが可能です。

関連ページ

やけど、シミにならない?
家庭用脱毛器の安全性について解説しています。
家庭用と脱毛サロン、効果の違いは?
家庭用脱毛器と脱毛エステサロンでの脱毛効果の違いとは?
家庭用脱毛器の選び方
あなたにピッタリの家庭用脱毛器を選ぶ際にチェックすべきポイントとは?
脇の黒ずみが悪化する?
脇の黒ずみが気になる方必見!家庭用脱毛器を使うと黒ずみが悪化するってホント?
騒音?音の大きさ
家庭用脱毛器の音の大きさについて解説していきます。
脱毛に必要な期間は?
どのくらいで終わる?脱毛が完了するまでに必要な期間を部位ごとに解説!
タイプ別3種類の特徴!
家庭用脱毛器をタイプ別に解説!それぞれの特性や脱毛方式を知っておこう!
このページの先頭へ