MENU

家庭用脱毛器は大きくわけて3種類!それぞれの特徴を比較解説

 

一言に家庭用脱毛器といっても大きく分けると、

  • レーザー式
  • フラッシュ式
  • サーミコン式

この3種類になります。それぞれメリットデメリットがあり、機械の金額なども異なりますので自分の必要な用途に合わせて選んでみましょう。

 

レーザー脱毛

古くからある脱毛方式ですが、3種類の中で1番脱毛効果が強いものに当たります。医療用のレーザーよりは出力を下げていますが、それでも脱毛効果は抜群。痛みや熱さといったデメリットももちろんそのままあります。

 

一点集中型なので一度に広範囲を処理することは難しく、1回の脱毛にはそれなりに時間はかかります。ただ、毛根にある毛母細胞に直接ダイレクトにダメージを与えることができるので、毛根消滅にはピッタリ。

 

ちないに、ダイオードレーザーはレーザーの中でも波長の長いものでメラニン色素には反応しますが皮膚には影響を与えにくいとされています。アレキサンドライトレーザーも日本人には向いていると言われているレーザーの1種です。ダイオードレーザー同様黒い色素に反応してシミ、そばかす、にきび、毛穴を引き締めるといった美肌効果があることでも知られています。

 

代表脱毛器 
  • トリア

 

フラッシュ脱毛

IPL(インテルスパルスライト)という遠赤外線の光が使用されています。強い光を発しますのでサングラスの着用をしましょう。レーザーよりも痛みが少なく、照射面積が広いのでとても便利な方法です。

 

照射されている部分がほのかに温かく感じる程度なので肌が弱い人にも安心です。脱毛と同時に美肌効果もあります。濃い毛だけではなく、産毛にも効果を発揮します。

 

代表脱毛器 
  • ケノン
  • ラヴィ
  • センスエピG

 

サーミコン脱毛

熱線(サーミコン)でむだ毛を焼き切るといった方式です。とても扱いが簡単で金額も安価ではありますが、脱毛ではなく、除毛というのが正しいでしょう。カミソリに比べると皮膚への刺激が少ない点は評価できますが、永久脱毛効果はないので毛が伸びるたびに使用する必要があります。

 

代表脱毛器
  • ノーノーヘア

 

どれがおすすめ?知名度とホントの効果

この3種類の中で、一般的に人気が高いのはフラッシュ脱毛ですね。ケノンを代表にかなり売れてます。カートリッジを交換することで様々な用途別に清潔に使えます。美顔カートリッジを使えばフォトフェイシャルで美肌効果もあります。金額も2万円前後からありますので自分の予算に合ったものを準備しましょう。

 

ただ、私は本当はトリアが一番良いのはわかってるのですが、このあたりは好みもあると思います。なぜトリアが一番良いのか?詳しく知りたい方はこちらの記事に目を通してもらえば一目瞭然です。

どっちがおすすめ?トリアvsケノン徹底比較!

関連ページ

やけど、シミにならない?
家庭用脱毛器の安全性について解説しています。
家庭用と脱毛サロン、効果の違いは?
家庭用脱毛器と脱毛エステサロンでの脱毛効果の違いとは?
家庭用脱毛器の選び方
あなたにピッタリの家庭用脱毛器を選ぶ際にチェックすべきポイントとは?
脇の黒ずみが悪化する?
脇の黒ずみが気になる方必見!家庭用脱毛器を使うと黒ずみが悪化するってホント?
騒音?音の大きさ
家庭用脱毛器の音の大きさについて解説していきます。
脱毛に必要な期間は?
どのくらいで終わる?脱毛が完了するまでに必要な期間を部位ごとに解説!
皮膚ガンのリスクって本当?
家庭用脱毛器を使用し続けると皮膚がんになる?ネット上のネガティブな噂、都市伝説を調査
生理中でも使えるの?
家庭用脱毛器はホルモンバランスの乱れやすい生理中でも使えるのか?
授乳中の使用、赤ちゃんに影響は?
家庭用脱毛器は授乳中に使用しても問題ないか?赤ちゃんへの悪影響が心配な方へ
このページの先頭へ