MENU

お役立ちコラム記事一覧

費用を安く抑えたい、自宅で簡単にケアできたらという声にこたえていろんなメーカーから脱毛器が出ていますが、もちろんそれぞれ欠点は存在します。人気の脱毛器のデメリットをきちんと把握したうえで納得して購入しましょう!ここでは機種別にデメリットをまとめてみました。ケノンカートリッジの種類が豊富なため、思ったよりカートリッジ付け替えで費用がかかる。エクストララージ9,800円(本体同時購入時には5,600円...

アンダーヘアは場所的にあまり他人には見せたくない場所。サロンやクリニックでお手入れをするとそれなりに費用もかかりますし、何回も通院しないといけないので面倒で続かないという方も多いようです。最近の家庭用脱毛器は肌への刺激をできるだけ抑えたものが多いので、自宅でのケアが簡単にできるようになってきました。家庭用脱毛器でVIO脱毛!流れは?まずは最初にT字カミソリかレディースシェーバーでむだ毛を剃っておき...

脱毛するにあたって、脱毛サロンに通うべきなのか?家庭用脱毛器の方がお得なのか?価格と効果の面からどっちがいいのか悩む人も多いと思います。ここでは簡単にそれぞれのメリット・デメリットを含め、私なりの見解をまとめておきましたのでぜひ参考にしていただければと思います!全身脱毛なら家庭用脱毛器の完全勝利エステサロンもパック料金のところもあれば、月額制のサロンもありますが全身脱毛で顔、胸、ワキ、おなか、背中...

ケノンと同じエムロックが販売しているイーモリジュは、2011年に発売された家庭用脱毛器です。いまはこのイーモリジュを改良してケノンとして販売しているようです。そのためケノンより性能は若干落ちます。しかし金額的には、定価89,000円のものを38,000円で販売しているので今買うと格安とうい一面もあります。イーモリジュってどんな脱毛器?照射範囲は2.9cm×1.5cm、ハンドピースの重量120gとコ...

うなじの生え際は少しくらいの毛であれば逆にかわいらしいという評価がつくこともありますが、あまりにも多いと本人は気になるでしょう。場所的に脱毛しにくい場所ではありますが、鏡をいくつか用意すれば不可能ではありません。家庭用脱毛での処理がおすすめ!おすすめとしてはヘッドが小さくて軽いものを選ぶことです。重いタイプの脱毛器だとやはり使用中に疲れてきますし、やりにくいでしょう。レーザー脱毛式かフラッシュ脱毛...

背中ってどうやってやるの?絶対一人でできないよね?こんな疑問や不安を持つ方もいると思います。その通り(笑)。背中だけはなかなか自分では難しいのが玉にキズ・・・。家庭用脱毛器の唯一のデメリットといってもいいと思います。背中は一番見えにくい上に手が届きにくいのでお手入れしにくい場所。そんな時は背中も、使いやすい家庭用脱毛器を選ぶ基準を知っておくと便利です。照射面積が広いもので一気に処理まず照射範囲が広...

皮膚科でアトピー性皮膚炎の治療をしている場合は塗り薬の外用薬、ぜんそくの場合は内服薬が処方されることがあります。基本的にはステロイド剤を使用している時には脱毛はNGです。肌が薄くなる、赤くなる、かぶれる、湿疹ができる、乾燥するなどの副作用が発生する可能性が高いからです。ステロイド剤を処方されている場合は、担当の医師に脱毛をしたいがどうすればいいか尋ねてみましょう。基本的に内服薬は中止して1か月以上...

このページの先頭へ