MENU

家庭用脱毛器はうなじのムダ毛処理にも使えて超便利!

 

うなじの生え際は少しくらいの毛であれば逆にかわいらしいという評価がつくこともありますが、あまりにも多いと本人は気になるでしょう。

 

場所的に脱毛しにくい場所ではありますが、鏡をいくつか用意すれば不可能ではありません。

 

家庭用脱毛での処理がおすすめ!

おすすめとしてはヘッドが小さくて軽いものを選ぶことです。重いタイプの脱毛器だとやはり使用中に疲れてきますし、やりにくいでしょう。

 

レーザー脱毛式かフラッシュ脱毛式のもので小回りの利くものを選べば便利でしょう。使いやすいものとしてはトリア、ケノン、イーモリジュ、センスエピ、ヒカリエピプロなどがあります。

 

うなじだけではなく、全身のむだ毛に使用できるのでとても便利です。いろんな種類の光脱毛があるので予算や用途に合わせて選んでみましょう。楽天市場などで購入する場合は先に購入した方のレビューもあるのでそちらも参考にしてみると安心です。

 

それぞれの脱毛器の特徴
トリア

トリアは5万円程度で、日本で唯一のレーザー脱毛器です。脱毛効果がずば抜けて高いので、その分痛みもありますが効果は抜群。カートリッジ交換も必要ありません。

 

ケノン

ケノンは割引があっても7万円前後するので家族でシェアする人も多いようです。用途別にカートリッジを使い分けて衛生面にも配慮できます。

 

イーモリジュ

イーモリジュはケノンと同じメーカーのものですが、ケノン同様脱毛効果を期待できます。ケノンよりパワーは落ちるものの金額的にはケノンが発売されてからは半額以下に割引されて販売されるようになったので入手しやすくなりました。

 

センスエピ

センスエピはイスラエルで開発されたホームパルスライトを採用しています。照射範囲は0.9×3センチなので細かい場所の脱毛に適しています。わずか19,800円で入手できるのでお試しで使ってみたいという方にはいいでしょう。その代わりカートリッジ付け替え式ではないので使い終わったら廃棄と考えましょう。

 

ヒカリエピプロ

ヒカリエピプロはチャージ時間2.5秒で光脱毛ができます。セットでついてくるスキンケアコスメで照射後のお肌の手入れもできます。専用のランプカートリッジも4,800円と手軽な金額で交換できるので初心者であっても使いやすいでしょう。

関連ページ

家庭用脱毛器のデメリット・欠点
家庭用脱毛器のダメなところ、悪いところは?デメリットや欠点も知っておこう!
VIO脱毛が人気急上昇?
VIO脱毛は自宅でこっそり派!セルフケアできる時代です。
家庭用vs脱毛サロン、コスパ比較!
家庭用脱毛器と脱毛エステサロンで、それぞれの価格と効果を総合的に比較してみました。
イーモリジュの悪い口コミ
家庭用脱毛器イーモリジュの悪い口コミから、その効果を調査してみました。
背中のムダ毛処理はどうする?
家庭用脱毛器は一人で背中のムダ毛は処理できない・・・どうする?
ステロイドと家庭用脱毛器の併用は危険!
何かしらの理由で普段からステロイド剤を使用している方が家庭用脱毛器を使うのは危険です。
このページの先頭へ